ページ
先頭へ


ホーム > 女性の漢方相談 > チョコレート嚢腫とは

女性の漢方相談

チョコレート嚢腫とは

西洋医学での診断

卵巣に病巣を形成した子宮内膜症が進むと、卵巣内に嚢胞ができます。
この嚢胞内に出血(主に月経の時)を繰り返すことにより、内腔に古い血液が溜まります
これがチョコレート嚢胞です。

チョコレート嚢腫の症状

  • 月経過多、月経不順。月経過多により、貧血を起こすこともあります。
  • 市販の鎮痛剤で収まらないほど月経時に激しい下腹痛、腰痛を起こすことがあります。
    性交時にお腹がつれるような感じで、つらいようなこともあります。
  • 卵巣が肥大し、他の臓器を圧迫したり癒着を起こしたりします。
  • 不妊の原因になることがあります。

チョコレート嚢腫の治療

子宮内膜症と同じ治療になります。
20代~30代でこれから妊娠したいと思っている人は、多くの場合薬物療法(ホルモン療法)を行います。
すでにお子さんがいる場合や、チョコレート嚢腫の大きさがかなり大きく卵巣の経捻転などが心配される時は、手術療法を行います。

漢方での診断

今のところ原因ははっきりと解明されておりませんが、子宮内膜症の場合と同じく、卵胞ホルモンの影響であることはわかっています。また、ダイオキシンなどの環境ホルモンの影響もあるのではないかと言われています。

最近では、免疫機能の低下などの要因も注目されています。

妊娠しやすい身体作りプログラム 「ママパパ予備校」開講中!
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安