ページ
先頭へ


ホーム > 女性の漢方相談 > 子宮内膜症と言われたら

女性の漢方相談

子宮内膜症と言われたら

子宮内膜症のできる部位

子宮内膜症とは、子宮内膜と同じような組織が、子宮以外の場所の卵巣や子宮筋層など子宮の周辺、膀胱、などに発生し、それが増殖するものです。これを「子宮内膜症」とよびます。
この病気月経のある年代の女性にだけ起こるのが特徴です。

近年、増加傾向にあります。
月経のある女性の5~10%に発症するといわれ、20歳~30歳代の比較的若い世代におこりやすいと言われますが、徐々に発症年齢が下がってきています。

子宮内膜症の主な症状は、月経痛です。
子宮周辺に子宮内膜と同じようなものができるため、月経ような出血が起こります。

この「子宮以外で発生した粘膜」は、「子宮内膜」が出血(月経)するのと同じように出血を起こします
本来の「子宮内膜」からの出血(月経)は体外に排出されます。
しかし、この「子宮以外で発生した粘膜」からの出血は体外に排出されません。
そのため血液が組織にたまり、さまざまな障害が起きるのです。

どうして起こるのかはっきりしておらず、原因にはいくつかの説があります。

  • 一部の月経血が排出されずに逆流して、その量が多いとその中の内膜細胞が子宮以外で増殖する。
  • 月経血の逆流が刺激になり、本来内膜細胞ではない細胞が、内膜細胞に似た組織に変わる。
 などです。

子宮内膜症が起こると、月経困難症や下腹部の痛み、腰痛、不正出血、月経過多などのほか、性交時に痛みが現れることもあります。
子宮内膜症による月経痛の特徴は、痛みが徐々に増幅して、今まで経験したことがないほどの痛みを起こすことです。
ただし、「良性」なので「がん」のように生命をおびやかすことはありません
症状としては、月経痛(下腹部痛、腰痛、排便通)、月経時以外の下腹部痛、性交痛、不妊があげられます。症状の程度には個人差があり、治療法も一律ではありませんが、再発の問題もありますので、信頼できるお医者さまと相談しながら治療することも必要です。

子宮内膜症の治療

治療は年齢や自覚症状、分娩歴、進行状況によって決められますが、ホルモン剤を使うホルモン療法と手術療法があります。

1.ホルモン療法

  • 偽妊娠療法:黄体ホルモンを長期間投与し偽妊娠状態を作り治療します。
  • 偽閉経療法:下垂体の性腺刺激ホルモン分泌作用を抑制する薬(ダナゾール、ブセレリン)などを長期間投与して治療します。

2.手術療法

  • 単純子宮全摘出術

東洋医学(漢方)での診断

子宮内膜症に対する漢方の治療は、骨盤内の子宮以外にできた内膜(お血と考える)をとり、血の巡りを良くすることを目標にします。

お血をとる「駆お血作用」のある生薬には数多くありますが、桃仁(モモの種)牡丹皮(ボタンの根皮)当帰(コウキの根)紅花(ベニバナの花)などにはそうした働きがあります。

子宮内膜症を治療するためには、お血を改善する活血剤と呼ばれる漢方薬が使われ、上記のような活血作用のある生薬が配合されています。

子宮内膜症にお勧めの食材

子宮内膜症の原因は解明されていませんが、一般に月経異常はホルモンの分泌が乱れが関係していると考えられます。
女性ホルモンの作用や分泌を整える食材には、大豆を使った料理がお勧めです。豆腐や納豆を毎日の食事に利用しましょう。
また最近、女性ホルモンと同意用の作用があると注目されているのが、ザクロサンシュユです。
こうした食材をデザートやお茶に取り入れてはいかがでしょうか?

妊娠しやすい身体作りプログラム 「ママパパ予備校」開講中!
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安